結婚内祝いのマナーについて

結婚内祝いとは、結婚の報告をしたあとに友人などから頂いたお祝いに対するお返しのことをいいます。
基本的に披露宴に招待しなかった方や、ご出席頂けなかった方に送ります。
披露宴に出席された方には、引き出物や披露宴での料理などがお返しの代わりとなるので基本的に内祝いは必要ありません。
また結婚披露宴を行わなかった場合でも、お祝いを頂いた方へは必ず内祝いを贈りましょう。
贈る時期は、披露宴を行うか行わないかによって違ってくるので注意が必要です。
披露宴を行う場合には、披露宴から1か月以内に贈るのがマナーです。
入籍のみの場合には、お祝いを頂いてから1か月以内に贈るのがマナーです。
いずれの場合にもお祝いを頂いたら忘れないようにすぐにお礼の電話を入れるのがベターです。
お返しの相場は、頂いたお祝儀やお祝い品の半額から3分の1を目安にします。
お返しの品物は、日用品やお菓子の詰合せ、カタログギフトなどを贈るのが最近の主流です。
親しい間柄の友人であれば好みの品を直接聞くのもいいでしょう。
また品物を贈る際にはお礼状を添えるのを忘れないようにしましょう。

Copyright(c) 結婚 内祝い All Rights Reserved.